電脳せどり初心者でも分かる!ヤフオク仕入れで役立つ消費者の心理とは?

どうも!

傘購入後1分で紛失してしまったザキです。

 

昨日はビジネス仲間との飲み会でした。

向かう途中にローソンで傘を買ったんですが・・・

カバンに財布を入れようと思って、ローソンの傘置き場に傘を置きました。

そして、そのまま何もなかったかのように飲み会に向かってしまいました。笑

 

要するにローソンで傘を買ってローソンに傘を置きっぱなしにしてしまった訳です。

 

 

さて、僕のそんな可愛らしい一面は置いておいて・・・

 

僕の主催するせどり講座「SBC~せどりブートキャンプ~」からの情報を今回はシェアします。

 

入札の競り合いを制す

 

昨日メンバーさんからこんなコメントを頂きました。

↓↓↓↓↓↓↓↓

SBCでは物凄い量の商品情報が流れています。

そして、その商品をヤフオクでリサーチするだけで、電脳仕入れが簡単に出来る可能性があるんです。

 

このメンバーさんもヤフオク仕入れは初心者でしたが、見事高利益率の仕入れが出来たようです。

 

ちなみにヤフオク仕入れ初心者の方がまず最初に嘆くのは

「入札しても落札出来ません」

というパターンが多いようです。

 

確かにヤフオク仕入れは入札の競り合いに勝たないと落札出来ません。

かと言って、利益の出ない高い値段で入札しても本末転倒です。笑

 

ここで少しヤフオクの特徴を考えてほしいのですが・・・

ヤフオクは個人間取引(CtoC)がメインの市場です。

なので、消費者心理を考えられるだけで多少なりとも仕入れに役立ちます。

 

ヤフオクで安く仕入れがしやすい時期とは?

 

例えば、昨日メンバーさんがシェアしてくれた内容です。

↓↓↓↓↓↓↓↓

競り合う相手が出てくるかどうかは運次第ってのもありますが、往々にしてある傾向は、1ヶ月の中で、落札しやすい時期があるってことです。

今の世の中、各企業の給与支給日は結構バラつきがありますが、それでも月末前後が給与支給日っていう企業が多いです。

なので、心理的要素からも1ヶ月内でヤフオクで競り合う可能性が高い時期・低い時期などあります。

もちろん、オークション終了の時間帯とか、その商品を欲しがる人の属性によっても違ってきますけどね。

 

僕もせどりで稼ぐ前は、金欠になったらヤフオクで不要品を売って、なんとか給料日までしのいでいました。笑

大体金欠になる時期は、やはり給料日前が多かったですね。

 

そう考えると

「金欠の為、お宝商品が出品されやすい時期」

「金欠の為、すぐ現金化したくて投げ売りされやすい時期」

「金欠の為、出品数が増えやすい時期」

色々な連想が出来ます。

 

もちろんヤフオク仕入れは運の要素もありますが・・・

長いことヤフオク仕入れにチャレンジしていると、やっぱりこういう統計や傾向が見えてきます。

 

追伸

 

今回は「ヤフオク仕入れで役立つ消費者の心理」を解説しました!

 

念の為、誤解の無いように補足しますが・・・

時期を考えて入札したからと言って、100%落札出来る訳ではありません。

 

例えば初心者さんで多いのが、10商品程度入札して、1つも落札出来なかったら諦めるパターン。笑

 

一番大事なのは入札数を増やして、その中で利益の出る金額で落札率を上げることです。

 

特にせどりは在庫を増やさないと稼げません。

なので継続性が大事です。

 

僕のコンサル生も最初は「ヤフオクで落札出来ません。」と嘆いていました。

ですが今では2500円前後で仕入れて、5000円前後で売れる商品をエンドレスにリピート仕入れしています。

 

それはもちろん、「僕が出来るようにサポートしたから」っていうのもありますが、一番の要因は「本人が諦めないで継続してくれたから」です。

 

 

現在はSBCメンバーもコンサルメンバーも募集はしていません。

ですが、アナタがまずせどりで少しでもお小遣い稼ぎが出来るようになりたいならば、僕のメルマガに登録してみてください。

 

せどりで迷うことなくスムーズに稼げるQ&A動画50本以上をプレゼントしているので!

メルマガ登録はコチラ

ぜひご登録ください!

 

 

それでは今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

 

680円がたった10分で4899円に化ける動画!

 
2

サブコンテンツ

このページの先頭へ