せどりを始める際にアマゾンの大口出品と小口出品どっちがいいの? 違いやメリット・デメリットは?

どうも!

好きな時に好きな場所で稼ぐ!ザキです!

 

 

このブログは毎日多くの方が見てくれています。

 

そのお陰でたくさんの方が僕のコンサルを受講してくれて、既に多くのコンサル生が月収10~100万円を達成しています。

 

アナタにも+10万円稼ぐ方法をメールマガジンでお伝えしていこうと思うので、良ければメールマガジンの登録もお願いいたします。

メールマガジンの登録はコチラ

 

年収200万円台の工場作業員だった僕が、

せどり開始1年未満で月収100万円を稼ぎ、

今ではせどり業界トップクラスのせどりコミュニティーを

運営しながら月収1000万円も達成しました。

 

ぜひ方法をアナタも知ってください。

 

 

さて今回は、せどりを始める際にアマゾンの大口出品と小口出品どちらがいいのか?解説していきます。

 

それぞれの違いは?

 

まず、アマゾンで出品者登録する際の「大口出品」と「小口出品」の違いやメリット・デメリットを解説します。

 

大きな違いですが、月額費や手数料の違いが挙げられます。

1

大口出品=4900円

小口出品=0円

と、なります。

 

ただ、気をつけなくてはいけないのが、基本成約料です。

小口出品の場合は1商品売れる度に、100円の成約料をアマゾンに手数料として支払う形になります。

白ベース

要するに、49品以上販売見込みのある方は、必然的に大口出品のほうが得をするということです。

 

その他に、

・ビジネスレポートや出品ツールの使用権

・提供出来る決済サービス

・ショッピングカートボックスの取得

など、大口出品のほうが稼ぎやすい条件が揃っています。

 

ちなみにショッピングカートボックスは、せどりで稼ぐには重要なシステムです。

 

理解を深める為にも

アマゾンのショッピングカートボックスとは?せどりの売り上げアップには必須?

の記事で100パーセント理解を深めてください。

 

 

その他、細かい違いなどは以下の画像が参考になるかと思います。

※画像クリックで拡大します。

Amazon

参照元;大口・小口比較

 

最初はどっちで登録すればいい?

白ベース

よくいただく質問で、

これからせどりを始めますが、どちらでスタートすればいいですか?

と、聞かれます。

 

これに対して答えは一つしかないと思っています。

 

ズバリ!!

「大口出品で始めましょう!!」

 

実は大口出品で登録しても、最初の3か月は無料なのです。

※1人1回まで。

2015-05-07_09h12_12

なので、3か月無料で使ってみて、仕入れが上手く出来ないようでしたら小口に戻すのも手段の一つです。

 

頂いた質問をシェアします

 

現在僕は、せどりのコンサルティングを行っています。

そこで頂いた質問を、この記事でもシェアしますね。

 

質問の内容は

アマゾンで小口出品で登録してしまいました。

まだ、出品してないのですが、解約してから再登録すれば大口出品の無料期間は適用されるのか?

と、いう内容でした。

 

これは実際にアマゾンに聞いたところ、

過去に大口出品に登録がなければ大丈夫。現在小口出品でも大口に変更すれば適用される。

と、いう回答があったそうです。

 

注意点としては、一度大口で登録したのに1ヶ月や2か月で小口に変更するのは辞めましょう。

無料期間をフルに使い切ってから変更する事をオススメします。

 

追伸

 

僕のメールマガジンでは、せどりで稼ぐノウハウはもちろん、

スムーズに稼ぐ為の心構えなどもお伝えしています。

 

もし、アナタがお金を稼ぐだけではなく、

稼ぎ続ける魅力的な起業家になりたい場合は

僕のメールマガジンに登録する事をオススメします。

 

既に多くのメルマガ読者やコンサル生が僕のメールマガジンをキッカケに、月収10~100万円を稼ぎ、人生の選択肢を増やしています!

 

旅行をしながらコンサル生と深夜の中洲、屋台にて。

13335970_1772534106312988_8096154123644432686_n

 

アナタも人生の選択肢を広げて、楽しいライフスタイルを実現したいなら、ぜひメールマガジンに登録してみてください。

 

メールマガジンの登録はコチラ

 

 

それでは今回も最後までご覧頂きありがとうございました。

 

 

680円がたった10分で4899円に化ける動画!

 
2

サブコンテンツ

このページの先頭へ