せどりで不良在庫を減らす仕入れ基準の確立方法とは?

どうも!

好きな時に好きな場所で稼ぐ!ザキです!

 

今日は「不良在庫を減らす仕入れ基準の確立方法」を解説します。

 

自分の仕入れ基準を持つことはせどりにおいて重要です。

 

例えば、企業のように何千万~何億と仕入れ出来るお金があるなら、余剰在庫を抱えることも必要です。

しかし、僕ら個人レベルの資金力では内容の濃い在庫を揃えないと破産してしまいます。

 

要するに仕入れ基準がブレブレだと内容の薄い在庫を仕入れてしまう可能性があるのです。

そんなことから自分の仕入れ基準を持つことはせどりにおいて重要なのです。

 

自分の仕入れ基準を確立するには?

自分の仕入れ基準を確立するには?

自分の仕入れ基準を確立するには仕入れのスタイルを知る必要があります。

 

仕入れスタイルには大きく分けて「二つのタイプ」があると僕は思っています。

「回転率重視タイプ」

「利益率重視タイプ」

の2つです。

 

それぞれのメリット・デメリットは?

 

それぞれのメリット・デメリットをお伝えします。

 

回転率重視タイプは利益率より、商品を回転(売る)させる事に重きを置きます。

回転率重視タイプ

売るスピードを意識するので、お金が手元に残りやすい事がメリットです。

 

デメリットは仕入れ金額に対してのリターンが低い事。

在庫が直ぐに枯渇しやすいので仕入れで忙しくなる事です。

イメージとしては、お金をグルグル回すので複利でコツコツ増やしていくイメージです。

 

利益率重視タイプは、名前の通り利益率を高めることに重きを置きます。

利益率重視タイプ

メリットは仕入れ金額に対してのリターンが大きいことです。

 

デメリットは利益率の高い商品を頻繁に見つける事が難しい部分です。

比較的単価の安い商品ならば簡単に見つける事が出来ますが、在庫を多く抱えて数多く売らないと利益を伸ばせません。

なので、納品に時間がかかるので時給が低くなるイメージです。

 

 

ちなみに・・・

回転もよくて、利益率もいい商品を扱えばいいじゃん!」って思うかもしれませんが、それは俗に言うお宝商品なので安定的に稼ぐのは難しいです。笑

 

なので、どちらかのスタイルに分かれるパターンが多いです。

 

ザキの考える仕入れ基準

 

仕入れスタイルは資金力で変わる事が多いですが、基本的に僕が初心者にオススメするのは回転率重視タイプです。

僕自身が回転を重視して複利でお金を増やした経験もあるのでオススメしています。

 

ですが、ここで注意点があります。

全ての在庫を高回転商品にしてしまうと、万が一体調不良などで動けなくなってしまった場合、在庫が枯渇してしまいます。

 

以下、僕なりの考えを紹介するので参考にしてください。

  • ショートテール7割
  • ミドルテール2割
  • ロングテール1割

この割合で仕入れることを初心者にはオススメします。

 

それぞれの期間の目安としては

  • ショートテール=1ヶ月以内で売れるであろう商品
  • ミドルテール=2か月以内で売れるであろう商品
  • ロングテール=2か月以上かかる商品

このような感じです。

 

ちなみに・・・

ミドルテールを仕入れる際は利益率のいい物にしてください。

もちろんロングテールを仕入れる際は、更に利益率のいい物を仕入れてください。

このように在庫のバランスを整えましょう。

 

ここでよく 、「利益率何パーセントまでなら仕入れますか?」という質問をよくいただきますが、それは自分のお財布状況によるので何とも言えません。笑

 

回転率を重視する際に大事な事は、自分の仕入れ可能資金とアマゾンの入金サイクルを考えて仕入れする事が1番大事です。

※利益率を無視しろって意味ではありません。お金を常に回転させる事に重きを置いているので資金管理能力が必要です。

 

僕はしっかり資金管理をして複利でお金を増やした結果、最短最速で月収100万超えを達成する事が出来たのでホントにオススメします。

 

 

それでは今回も最後までご覧頂きありがとうございました!

680円がたった10分で4899円に化ける動画!

 
2

サブコンテンツ

このページの先頭へ