モノレートから読み取るロングテールの仕入れ見解とは?

どうも!

好きな時に好きな場所で稼ぐ!ザキです!

 

今回は

「ロングテールの仕入れ見解 」

を解説します。

 

モノレートの見方が分からない人は

せどりで稼げないを無くす!正しいモノレートの見方とは!?

をご覧下さい。

 

ロングテール仕入れで気をつけることは?

 

僕がロングテールを仕入れる時に意識している点は以下です。

  1. 価格差がある
  2. 仕入れ値が負担にならない
  3. モノレートを長期間で見て長い目で販売予想をする

 

それでは一つずつ解説します。

 

1 価格差がある

2015-06-30_15h23_56

ロングテール品は売れるまでに時間がかかるので、ロングテールといいます。

 

売れるまでに時間がかかるのに薄利ですと旨みがありませんので、ロングテールを仕入れる際は価格差がある物を仕入れています。

 

2 仕入れ値が負担にならない

2015-06-30_15h26_21

「売れるまでに時間がかかる=商品を在庫として持つ期間が長くなる」

と言うことです。

 

要するにお金の流れがストップする事になります。

 

高単価の仕入れ金額になると、その分資金的に厳しくなるので、ロングテール品は低単価の仕入れがオススメです。

 

3 モノレートを長期間で見て長い目で販売予想をする

9

3か月でモノレートを見るのではなく、12か月などの長期間でモノレート分析する事をオススメします。

過去の相場などを参考にしながら、売れやすい値付けを見極める事もポイントです。

 

ロングテールは値付けが悪くてロングになっているパターンもあります。

 

適正価格を見極める事で素早く売り切る事も可能です。

 

最後に

 

初心者の方は価格差に目がくらんで、ロングテール品の仕入れが多くなるケースがあります。

 

ですが、売れて始めて利益になります。

価格差があっても売れなければ、負債を抱えることになるので、初心者の方は高回転商品を中心にまずは仕入れをしてみてください。

 

モノレート徹底解析!ロングテールの仕入れ見解を動画で解説!

のページでは動画でも詳しく解説しているので参考にしてください。

 

 

また、僕のメルマガでは、せどりでスムーズに月収10万円を目指してもらう「せどり講座」も行っているので、稼げるようになりたい方は登録してください。

メルマガ登録はコチラ

 

 

それでは今回も最後までご覧頂きありがとうございました!

680円がたった10分で4899円に化ける動画!

 
2

サブコンテンツ

このページの先頭へ