那須温泉旅行!高級和牛が食べられる菊ホテルの口コミレビュー!

どうも!

好きな時に好きな場所で稼ぐ!ザキです!

 

今回は那須にある

「本格鉄板焼と温泉露天風呂の宿 リゾート 菊ホテル」

に行ってきたのでレビューをお伝えします!

2015-11-13_11h29_24

 

新鮮な食材や凄く贅沢な食材を都内では食べれないような値段で食す事が出来ます!

また、貸し切り露天風呂などもあるので、家族旅行やお祝い事にも利用できるオススメホテルです!

 

目の前で・・・!

 

今回僕がコチラのホテルを選んだ理由の一つに、

鉄板焼きディナー

を体感出来る事でした。

 

お客一組につき一人の専属シェフが付いて、目の前で調理をしてくれます。

1

 

食材も新鮮な美味しい物を使っているので、美味しいのは当たり前なんですが、すぐ目の前で調理してくれた物を熱々の状態で食べられるので尚更美味しく感じました。笑

4

 

紫芋のチーズ焼き白いとうもろこしなど、変わった料理も食べれます。

2

 

 

特に白いとうもろこしは僕の人生において、今まで食べたとうもろこしの中で一番甘くて美味しかったです。笑

3

 

僕はお酒が大好きなんですが、料理に合ったワインなども紹介して勧めてくれました。

5

 

鉄板焼きと言ったら・・・

 

さてさて、鉄板焼きと言ったらメインはやはりステーキでしょう。

お肉の種類はその場で選ぶ事が出来るのですが、今回は一番最上級の

  • 特選とちぎ和牛”匠”サーロインステーキ
  • 特選とちぎ和牛”匠”ヒレステーキ

の2つを選びました。

6

この”匠”というブランドはA5ランクのなかでもBMS10以上にしか与えられないお肉らしいです。

とちぎ和牛自体、年間出頭数が約2,800頭と少なめなのですが、その中でもこの”匠”を名乗れるのは約11%のみらしいです。

2015-11-13_12h01_16

僕は肉マニアではないので、正直イメージが湧きずらいですが、とにかく貴重なお肉という事は分かりました。笑

 

ちなみに参考までにディナーコースの値段は以下の通りです。

2015-11-13_12h04_48

宿泊とセットにしたほうが割安になると思うのでオススメです。

 

 

少し話がそれてしまいましたが・・・

やはりステーキを直ぐ目の前で調理してくれると、

「おおぉ~~」

と感激します。笑

77

8

 

焼き加減はレアで美味しく頂きました。

9

 

料理に夢中になってて、全ての料理写真を撮れませんでしたが、最後はお口直しのデザートに、しそシャーベットで完食です。

10

 

料理以外も◎

 

料理ばかり推しましたが、菊ホテルは貸し切り露天風呂が無料で利用出来ます。

 

実は僕、温泉も大好きで、以前は箱根温泉の個人風呂貸し切りなどもしました。

箱根温泉の時はお風呂を貸し切るのに別料金がかかりましたが、菊ホテルは貸し切り露天風呂が無料です。

11

しかも24時間入りたい放題!

 

まとめとレビュー!

 

僕は口コミやレビューを見て気になり、今回菊ホテルを利用してみました。

※結構僕はネットで買い物をする時なども、口コミやレビューなどを頼りにしてしまうタイプです。笑

 

スタッフの対応もとても親切で、ゆっくりと宿泊をする事が出来ました~。

 

また、冒頭でもお伝えしましたが、都内で同じ食材食べたらもっと値段が張るんだろうな~と思います。

十分値段以上のコストパフォーマンスを感じました。

 

家族で来ているお客さんもいたので、家族旅行にも使えますし、お祝い事などにも是非利用してみてください。

2015-11-13_11h29_09

 

追伸

 

僕は元々、年収200万円台のビンボーサラリーマンでしたが、現在はせどりをキッカケにインターネットビジネスで自由なライフスタイルを歩んでいます。

※詳しい経歴などはプロフィールをご覧ください。

 

 

普通のサラリーマンではあり得ないライフスタイルの急成長を遂げられるのがインターネットビジネスの醍醐味です。

 

本当にビンボーだった僕でも、たった2年で自分の人生を大きく転換する事が出来ました。

そんな事から、現在の状況を打破したいと思っている人アナタにも是非自分の思い描くライフスタイルを掴んでほしいと思っています。

 

僕のメールマガジンではインターネットビジネスで自由な人生を掴む為のヒントを発信しています。

ぜひ興味のある方はご登録ください。

メールマガジンの登録はコチラ

 

 

それでは今回も最後までご覧頂きありがとうございました!

680円がたった10分で4899円に化ける動画!

 
2

サブコンテンツ

このページの先頭へ